マカとトンカットアリの効果と成分の違い

マカとトンカットアリの特徴とその効果

仕事で疲れきった身体では夫婦生活もままならなくなるのは、無理からぬ事であり、疲労感が抜けずに元気が出ないという事もあるでしょう。
その様な時に役立つのがトンカットアリで、熱帯雨林と呼ばれる場所の奥地にあるという、ニガキ科という5m以下の双子葉植物の一つです
この植物には滋養強壮や勢力増進等の栄養分が含まれているので、これを食せば元気が出て来て、パートナーとの関係や仕事へのパフォーマンスも改善されるでしょう。
また当該の植物は、自然の生育する植物ですから副作用の心配もなく、アミノ酸の一種であるアルギニンという成分を豊富に含み、ビタミンB6や亜鉛といった成分も含まれています。
またエネルギッシュな毎日を過ごす為に、過酷な自然環境の中で育てられたマカという植物も、ミネラルやオレイン酸等が含まれているので滋養強壮等に効き目があります。

双方のメリットを併せて活かす
トンカットアリとマカは植物の一種で、どちらも滋養強壮・精力増強等の効果があり、どちらでも同じ様な効き目が得られる様に見えるかも知れません。
しかし、効き方に違いがあるのでそれについて触れて行きます。
まずトンカットアリでは筋肉の増大・逞しい骨格の形成、あるいは精力増強の源となる男性ホルモンを、向上させる事が出来る事がメリットとなります。
対して後者の場合にはアルギニンや鉄分等の栄養素により、滋養強壮等の効き目が得られる様ですが、それ自体には男性ホルモンを促進させる効き目がありません。
そこで、双方を併せて摂取すれば、人によって効き具合は変わってくるかも知れませんが、より良い結果を期待出来ると言っても良いでしょう。
双方共に植物ですから副作用の心配もありませんので、試してみる価値は十分にあるでしょう。


精力剤ランキングは本当に参考になるのか